アミ族
  タイヤル族
  サイシャット族
  ブヌン族
  ツォウ族
  パイワン族
  ルカイ族
  プユマ族
  タオ(ヤミ)族
  サオ族
  カヴァラン族
  タロコ族
  サキザヤ族
  セデック族
  カナカナブ族
  サアロア族
 
+ 大 | - 小 | 元に戻す

サアロア族

サアロア族は高雄市桃源区にある高中里と桃源里、及び那瑪夏区にある瑪雅里に居住しています。人口は約371人(2017年4月現在)です。サアロア族はツォウ語群或いは南ツォウ族とされていましたが、言語や文化などの面においてツォウ族とは異なる点が多くあり、2014年に政府から十六番目となる台湾原住民族の部族として認定されました。

サアロア族は父系社会制度を主としています。また、貝神祭(Miatungusu)はサアロア族特有の祭儀この祭りとなっており、本来米を収穫後二年或いは三年に一度行われる祭でし たが、現在では毎年行われるようになりました。祭りの期間は連続して何日間か行われ、サアロア族にとって最大の宗教儀式となっています。


Copyright 2006 Shung Ye Museum of Formosan Aborigines. All Rights Reserved.