アミ族
  タイヤル族
  サイシャット族
  ブヌン族
  ツォウ族
  パイワン族
  ルカイ族
  プユマ族
  タオ(ヤミ)族
  サオ族
  カヴァラン族
  タロコ族
  サキザヤ族
  セデック族
  カナカナブ族
  サアロア族
 
+ 大 | - 小 | 元に戻す

セデック族

セデック族の人口は約 9,771人(2017年4月現在)です。

本来はタイヤル語群に属しており「Seediq Tgdaya」・「Sediq Toda」・「Seejiq Truku」の三つの方言のグループがありましたが、「Seejiq Truku」はタロコ族として認定され、「Seediq Tgdaya」及び「Sediq Toda」は2008年に政府から十四番目となる台湾原住民族の部族であるセデック族として認定されました。

タイヤル族とセデック族の分類については、南投県北港溪と花蓮県和平溪が交わった地点を境に北をタイヤル族、南をセデック族としています。セデック族の居住範囲はタイヤル族に比べて小さく、台湾中部を勢力範囲とし、北タイヤル族集落と南のブヌン族集落の間にある南投県仁愛郷に集中しています。タイヤル族やタロコ族と同様に、女性は布織りができる証として、男性は勇敢な証として顔面にタトゥーをする風習があります。

Copyright 2006 Shung Ye Museum of Formosan Aborigines. All Rights Reserved.